2006年12月07日09:40線維筋痛症・1年間のまとめ
Comments(0)症状のまとめ 
7baa0f55.jpg

 
10月のプラハ?:ウサギ撮影

今年も終わりに近づきました。1年間という、貴重な
時間を闘病に費やした娘ウサギです。
 線維筋痛症になって1年と3ヶ月が過ぎました。
 振り返ってみれば、学校へ続けて行けたのは1月だけでした。

1月 中学3年だった昨年9月の右足腓骨骨折に始まった
  疼痛は腰、頭痛に移り、日常生活に支障をきたすよう
  になった。波があり、11月と1月はほぼ登校できる
  状態だった。

  緊張型頭痛と診断。
      
2月 頭、腰の激痛再発。脳神経外科で検査の日々。
   ほとんど登校できず。高校入試。

3月 卒業式はなんとか出席。春休みに入り小康状態。
   姉と二人で元気に奄美大島旅行。

4月 疼痛と極度の疲労感が復活。
   入学式は出られたものの、4月の登校は4日。
   薬の副作用で眠気とふらつき。
  
5月 月初の連休に、家族で山形旅行。薬を飲みながら
   なんとか持った。
   学校は数日登校できた。
   神経内科にかわる。頭痛に数種類の薬を試すが
   効く薬がない。
 
6月 カウンセリングを受けた。
   下旬、学校と相談して休学を決める。

7月 上旬は比較的元気。
   中旬から痛みが強まり全身に広がった。
   発作的に激痛が数時間続くようになった。
   顔から始まって指まで・・・異様な痛みの広がり。
   睡眠障害があらわれた。

   ただの緊張型頭痛じゃないと確信し、私はネットで
  調べまくった。「線維筋痛症」を見つけた。
   神経内科の先生に相談、先生もこの病気の可能性を
  疑いはじめていたとのことで、大学病院を紹介された。

 「頭痛」から線維筋痛症を見つけるのは容易ではなかった。
 症状が酷くなるまでわからなかった。
  病院を当てにしていては見つけられなかった。


8月 14日、線維筋痛症と診断された。
   この1年間で一番症状が重い月だった。
   歩けなくなり、一時ほぼ寝たきりになった。
 
9月 上旬:不眠  中旬:小康状態  
   下旬:頭痛が主で、少し活動はできた

10月 頭痛悪化。
    5日?無理してチェコ旅行。
    楽しかったがさすがに疲れて体調は下り坂。
    睡眠障害。全身痛。
    
11月 全身痛。不眠。疲労感。
 
12月 全身痛。不眠。疲労感。

クローバー今年の残りの日々が少しずつでも楽になるように願っています。
0610061.bmp

プラハ?:ウサギ撮影

のだめカンタービレ第1回に出てきた場所です♪


コメントする

名前
URL
 
  絵文字