2007年08月28日23:13線維筋痛症・皆既月食とワンコ達のこと
Comments(4)ペット 
 7時半頃、背中が痛いウサギ犬と散歩に出て空を見上げましたが、残念なことに、月は雲に隠れていました。雲9時台に、もう一度庭に出てみると、動きの早い雲間から一瞬見えました。月食終了後の月でした。その後雷雨雷になり、犬は玄関内に避難。楽しみは次回に・・・

 ウサギはここ数日、特に背中が激しく痛むようです。なぜかなぁ?おかしいねぇ。
 電球 そこでウサギ「思い当たるフシが!!ジュリーと繋がってるんだよ!!」
   
 実は、我が家のもう一匹のワンコ、室内犬のジュリー爺さんが不調で、毎日背中に太い注射注射をしてもらっているんです。14歳のジュリーは今月の6日に、足が立たなくなってしまい、寝たきりになりました悲しい 先週後半から食べることができなくなり、みるみる弱ってきました。老衰で体のあちこちが悪くなって、もう、できる治療がありませんダメ 水分と栄養補給、それから少しでも体が楽になるために必要な薬を、毎日太い注射で背中から入れています。痩せて背骨の浮き出た背中の薄い皮の下に注射液を入れます。状態は横ばいでした。呼吸が苦しそうな時もあり、私ひまわりは眠れない日もありました。

 でも、今日はペースト状の特別食ごはんを注射器で口に入れる、という方法で、嬉しそうに食べられましたびっくり 久々に食事らしい食事をとることができましたOK
 首を持ち上げたり、足をもぞもぞ動かしたり、元気を取り戻しているように見えます。そして、いつものような大いびきをかきながら、すやすやと眠っていますZZZ
 昨日までのようにハァハァ苦しむ姿は見られません。私も今日は安心して眠れます。

 こうして口から食べ物をとれるようになったら、注射は止められるかなぁ、先生に聞いてみよう。そうしたら、いしのすけウサギの背中痛もなくなるような気がして・・・

雲雷 

この記事へのコメント

1. Posted by nobara   2007年08月29日 12:44
犬も人間も年をとるのは一緒ですね。
でもせつないのは人間よりもかなり早いスピードで年をとっていくこと。
飼い主より長生きしても困るけど。
わんこの注射はいつも背中ですね。
人間のように皮下脂肪が沢山無いので痛いでしょうね。
かわいそうです。
うちのわんこは13歳。
ちょっと後ろ足が弱ってきました。
高いところに飛び乗るのを時々失敗しています。
ひまわりさんも暑い中、体調を崩さないよう、無理をなさらないで下さいね。
2. Posted by ちゆき   2007年08月29日 14:15
皆既月食こちらも見えませんでした。
ワンちゃんは「痛い、苦しい」など人間みたいに何もいえないから余計可哀想ですよね。
少し善くなられたみたいでちょっと安心でしょうね。
モリモリたべて、いしのすけちゃんと一緒に元気になってほしいです。
3. Posted by ひまわり   2007年08月29日 22:40
nobaraさん
 いつかこういう時が来るとは思っていました。
 今年に入ってから得意のつかまり立ちをしなくなって、徐々に、前足も後ろ足も衰えていたみたいです。そして、ついに立てなくなりました。心臓が悪くて薬は飲んでいました。でも、立てなくなるまではずっと元気でした。外に散歩に行っていました。
 ちょっと目を離すとテーブルの上のパンなどを食べられていたりした日がなつかしいです。
 nobaraさんのおうちのワンちゃんが元気で長生きしますように。
4. Posted by ひまわり   2007年08月29日 22:45
ちゆきさん
 そうなんです、つらくても言えないから、分ってやれなくてもどかしいです。
 調子のマシな時は、体を動かして何かを訴えようとしているようです。まだそんな気力があるから大丈夫。
 食欲も出てきたので、流動食ですが、できるだけ食べさせています。食べることが一番。人間も同じですね♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字