2007年03月

2007年03月26日00:24線維筋痛症・ガーシュウィン
PermalinkComments(2)コンサート 
夜のひとときはジャスミンの香りに包まれながら、娘達と音楽を聴きました。

・バイオリンコンツェルト(メンデルスゾーン)
・マイスタージンガー(ワーグナー)
・ます(シューベルト)
・ピアノ協奏曲第2番(ラフマニノフ)
・ラプソディーインブルー(ガーシュウィン)
これはガーシュウィン自身のピアノ演奏録音にジャズバンドが合わせたという、めずらしい演奏です♪

年代物、しかし新品のレコード100枚をもらったので聴いています♪

退院して、やっとこんな時間が持てるようになりました♪

2007年03月25日23:36線維筋痛症・大丈夫
PermalinkComments(0)体調 
c80c13cb.jpg
睡眠 8時間
食欲 △
散歩 ○
痛み:午前 - 胸(強)(本人からの申告分)

昨夜からレスリン復活。朝起きた時に眠気が強いのは薬が残ってるから?
薬で副作用が出やすい、そして残りやすい傾向があるので要注意です。

でも、もう昼寝はしません。
今日は買い物と犬の散歩ができました♪

普通のことができるようになってきました。

春休み中の友達と、遊ぶ約束を次々と入れています。娘はフリーですから☆☆☆

前を向いて進むだけです(o^-')b

2007年03月24日10:15線維筋痛症・睡眠の質
PermalinkComments(2) 
退院の時に主治医C先生に薬のことを聞きました。睡眠の質を改善するための「レスリン」は、しばらく飲んでおいたらどうか。今後は地元の神経内科のM先生と相談することにして、紹介状をいただきました。

そして退院から2日、娘はレスリンを飲まずに眠れました。でも、7、8時間眠って起きた時に眠気があり体の痛みもあるのです。

今朝の娘からの申告は
肩甲骨、胸がどむどむ(?)痛い、首も、主に上半身、痛いといえば全身!朝から眠気が強い(T_T)

それは、睡眠の質が良くないということです。今夜からレスリンを復活させることにしました。

こうして、体験してみて実感して納得して、やっぱり必要とわかることもあります。できれば飲みたくない気持ちはわかるからね。

現在服用している薬

ノイロトロピン(3回/1日-下行性疼痛抑制系賦活鎮痛剤)
モービック(朝-抗炎症鎮痛剤)
ベリチーム(3回/1日-消化剤)
セルベックス(3回/1日-胃粘膜保護)
レスリン(眠前-抗うつ剤/睡眠の質改善、副作用として眠気)

2007年03月22日23:55線維筋痛症・退院しました
PermalinkComments(2)入院 
6e3823e2.jpg

娘、いしのすけウサギはちょうど1ヶ月間入院しました。
今日、精神科の主治医C先生と看護師さん達に見送られて
退院しました。不眠はかなり良くなりました。
睡眠の改善に伴って痛みやだるさも軽くなりました。
この調子で線維筋痛症が回復するように、生活のリズム
を整えて、体力の回復をはかれるよう、私ひまわりも協力して
いきます。

入院前の要介護状態車椅子がうそのようです。昨年の夏以来、
無理をしては悪くなる、悪循環でずっと不調だったので、
これを機会に今度は無理をしないでゆっくりと進んでいくことを考えます。

入院に際して応援してくださった皆様、ありがとうございました。
太陽

2007年03月20日08:10線維筋痛症・精神科病棟
PermalinkComments(0)入院 
 線維筋痛症による不眠の治療のために、娘は精神科病棟に任意入院をしました。外泊を経て、そろそろ退院の話が出ています。先生方、看護師さんたち、何より本人の努力の甲斐あって、不眠は改善されました。
 線維筋痛症が治ったわけではないので、この調子ですべての症状が改善の方向へ進むことを願っています。

 よその病院のことはわかりませんので、あくまでも今回入院した病院についてです。
 精神科の病棟について感じたことです。特別な場合は個室ですが、それを除いて、大部屋です。洗面、バス、トイレは共同。
 様々な病気の患者が集団生活するということ。そこに無理があると思いました。健康な人でも、集団生活は色々な問題をはらんでいます。
 共同だから、お互い様だから、他の患者様のことがあるから・・・
 すべてにおいて、こういうことを気遣える、そして耐えるのは軽症の患者。それも、精神面において、軽症の患者。
 気分にムラがある人、薬の影響でイライラしている人、そのような人が発信するストレスを他の患者が受けるのは、ある程度やむを得ません。でも、こちらも患者。それが治療にプラスになるとは思えません。詳細を書くことはできませんが、疑問に感じることが多々ありました。

 病院によっては、病棟をいくつかに分けているところもあるようです。特に、娘のように体の病気を持っている場合は、分けるべきではないでしょうか?

娘に限らず、睡眠剤や抗精神薬を使う場合、困った副作用が起きる可能性があるので、閉鎖病棟になるのはやむを得ないとは思います。でも、元になる精神疾患がない場合は、配慮してもらいたいと思いました。1日も早く良くなるために。

 病棟のスタッフの皆さんは一生懸命働いておられました。激務です。だから、これはシステムの問題です