2007年04月

2007年04月27日22:47線維筋痛症・不調です
PermalinkComments(0)体調 
ラブ 睡眠11時間 こんなに眠っても疲れがとれない
ごはん食欲 ○ 久しぶりに普通の量食べられた
走る散歩 × とんでもない、出かけられません
温泉入浴 × 入りたいのは山々
怒痛み ひどい

 ついに月曜?金曜まで娘ウサギは不調でした。
 不調と二文字で書くのは簡単ですが、とにかく、きつい
きつ?い日々でした。
 今月はまだ3日残っていますが、はじめから3週間は
比較的好調でしたので、よかったことにします。

 線維筋痛症の場合、ひどくきつい状態の中にも、瞬間的
あるいは短時間、マシな時間が混ざっているため、しんどさ
の表現が難しいのです。これも、人それぞれです。
 なぁんだ、出かけられるじゃないの、なぁんだ、お風呂
入れるじゃん。なぁんだ、テレビたくさん観てるじゃない。
なんて、それだけみたら、元気みたいですよね。

 けれども、日常動作をするのが大変です。
 全身を移動する慢性の痛み(時々激痛)と不定愁訴
というのは、普通の生活を奪っています。
 
 気温や気圧の変化に影響されるという考えも
あります。本人は、まったく自覚なしです。雨がきらい
ということもないよ。と言います。でも、そういえば
変わりやすい天気だったとか、風が強かったとか
いう日はあります。

 ストレスを避ける生活を心がけていますし、
極めて平和に過ごしているその瞬間にも、無差別に
激痛攻撃がくるのです。わけがわからない痛み
です。
 本人の自覚しないストレスというのもあるかも
しれないけれど、そればかりじゃないように感じ
ています。謎です。不思議です。

太陽

2007年04月26日23:55線維筋痛症・声も出ない痛さ
PermalinkComments(0)体調 
追加です☆

23時過ぎ、自分の部屋でテレビを見終わるとそのまま横になって眠りかけている娘を発見!

このまま寝ても、途中で目が覚めるパターンだから、無理やり起こして薬を飲みに階下へ。

腰と太もも激痛のために口もきけない状態でやっとの思いで階段を上り、湿布を貼ってやり、さあ、おやすみなさい、と言って私は下りてきました。

キッチンを片付けていると、あらら、下りてきてしまいました
(?○?;)

私「どうしたの?痛い?」
娘「…」

靴下をずらして足首を見せます。「…」
「腫れてる?痛い?」
「か・ゆ・い」

見た目には何も異変はないですが、痒み止めをつけて、「デジレル飲んだからね、もう寝よう」そして今度は一人で階段を上っていきました。無言で…

今度こそ、おやすみなさい(-.-)zzZ

2007年04月26日22:16線維筋痛症・ずれてきちゃった
PermalinkComments(0)体調 
 睡眠時間帯がずれてきました汗
 今朝の地震には気がついたようですウインク
 それで起き上がることはなかったですが困った

ごはん食欲 △
走る散歩 ×
温泉入浴 ×
怒痛み かなり

 不調続きです。散歩も5日間できていません。
 足腰が痛いと、動きが鈍ります。

 気の持ちよう、ヤル気や、気合でなんとかなるなら
とっくの昔になんとかなっているくらい、ポジティブ
な娘ウサギですので、これだけ動けないっていうことは
相当体がきついのだと思います。黙って耐えています。

 できるだけ生活のリズムを崩さないように、時間が
くると、食事やお風呂の声かけをします。でも・・・
 体がついて来ない・・・

 夕方、玄関先のヒデちゃん犬ドキドキ小にキャベツの芯を
やっていました。
 テレビの録画を観ることはできました。

 食欲が減っていますが、ちょっと長いスパンでみて
いこうと思います。焦りは NG ダメ
 食べたい時に、食べられるものを。柔軟に。

 外出にも誘ってみましたが、痛くてとても出られる状態
ではなさそうでした。

 明日も晴れ。散歩に行けるかな?
太陽

bab2b074.jpg


2007年04月25日23:27線維筋痛症・今日の体調
PermalinkComments(0)体調 
bf7f3438.jpg
本人からの申告

朝から眠気とだるさがひどい。
前夜、だるくて寝る用意に時間がかかり、遅くなったからかな?
痛みは一日中、強かった。

午後、4時間くらい爆睡。

手の甲、手首、眉、頭、首、足首が特に痛かった。

ビデオは5本観た。
曇一時晴

2007年04月25日00:41線維筋痛症・共存
PermalinkComments(0)語録 
ウサギ 「線維筋痛症は、治らないかもしれないでしょう? だったら、このままこんな暮らししているわけにもいかないから、どうやって病気と共存していくか、考えなくちゃいけないわ。」

先ほど、寝る前に、娘ウサギはこんなふうに言いました。