2007年06月

2007年06月27日14:41恐竜もイナバウアー(笑)
PermalinkComments(0)
 今朝の朝日新聞に、恐竜の頭骨が国内で初めて発見された記事がありました。しかも、尾や胸など他の部分も見つかっており、全身骨格が発掘される可能性があるそうです。
 ところで、この頭骨はすでに見つかってる尾の部分の近くで発見されており、筋肉の収縮によって『フィギュアスケートの荒川静香選手の「イナバウアー」のように、反り返った状態で化石になったとみられる』、と書かれていました。
 「イナバウアー」で十分通じると思うのですが、このように丁寧に書かれていて思わず笑ってしまいました笑顔

2007年06月25日22:54線維筋痛症・病院
PermalinkComments(0)病院 
6/25の記録

 血液、尿検査異常なし
 病院「圧痛点は減っている。線維筋痛症としては悪くない。」
 ウサギひまわり「???」
 病院「痛いのは気候のせいかもしれないね。」そう言いながら
  「薬で治るのではない。自分で目標を決めて体を動かすこと。
 この病気を克服した人は、自分で頑張って体を動かして治ってる。厳しいこと言うようだけど、他の病気と違い、安静にしても良くならない。痛くても動くこと。ラジオ体操してるか?少しずつでいいから、指1本からでもいいから増やしていく。
 ベッドから起き上がれる、ということは、動けるということ。線維筋痛症の人は動くことが、普通の人なら登山やマラソンほどきついことかもしれない。動ける時に動くだけじゃだめ。でも、良くなったり悪くなったり、時間がかかるだろう。時間をかけて治っていく。でも、やりすぎはいけない。痛くても朝から動きなさい。」
 「睡眠のために飲んでいる薬が残るからだるい。そういう薬を飲めば、だるくて当たり前。それに打ち勝たねばならない。薬がないと眠れないんだろう?眠れないと困るね。でも、薬は減らして止めていかなければならない。悪循環を自分て断ち切るしかない。動いたら、自然に眠れるようになるだろう。」

 ウサギは訴えた。「起き上がるだけで精一杯。立ち上がるだけで精一杯。体を動かすのはきついです。」
 病院「ご飯食べられるんだろう?じゃぁ動ける。」

 激痛と激疲労から、根性で抜け出しなさいということです。
 運動?の目標設定もプログラムも「自分で」考えなさい、ということです。
 一応、主治医の診察の記録として書きました。こういう考えの先生です。

 当のウサギは、「どんなに気力を振り絞っても動けないほどの体のきつさ」というのが、先生には理解され難いことをわかっています。先生に治してもらうのではないこともわかっています。だから、参考程度です。

2007年06月24日23:03線維筋痛症・やっぱり梅雨だから?
PermalinkComments(6)体調 
ウサギ今日の体調:
ラブ睡眠 ○
ごはん食欲 △
走る散歩 ×
温泉入浴 ×
 朝は下腹が激痛で起き上がれず、音楽を聴いたりしながらも、結局お昼までベッドの上でもがいていました。全身あちこち痛い怒。頭も、手も。だるい。汗夕方からやっと動けるようになることが多いです。
 
 明日の大学病院は午後からなので、行けるでしょう力こぶ
雨雨雨雷
638日目

 
6f2896c2.jpg




2007年06月23日14:56線維筋痛症・神経内科
PermalinkComments(2)病院 
ラブ睡眠 ○
ごはん食欲 ○
走る散歩 ×
温泉入浴 ○笑い
怒痛み、疲労感強い

 痛み攻撃は続いています。だるくてだるくて。
 
 朝起きたものの、午前中は横になって起き上がれなかったので、私ひまわりが一人で神経内科に行きました。睡眠のための薬「デジレル」をもらうためです。睡眠のリズムが少々ずれてきているので、昼夜逆転にならないように気をつけるようにとのことでした。
 仮に歯磨きできなくてもいいから、薬を飲むのも口に入れてやるとか、とにかく早く寝ることを優先してと。
 もっと早く休みたいのは山々。眠れるものなら眠りますし、気合いや努力で簡単にいかないから困っているのです。でも、できる限りがんばります。私もサポートします。

5ea5d06f.jpg
 

骨折=発病から637日目

2007年06月22日01:46線維筋痛症・星に願いを
PermalinkComments(10)
21日 携帯より投稿

激しい疲労感が続いています。
昼過ぎにやっと動けるようになって、ちょっと出かけました。

娘は駅前の店で七夕飾りの短冊に「線維筋痛症完治」と書いて笹に結んできました。

1日の内で動ける時間が非常に限られています。
夜、寝る前は特に苦労します。お風呂は無理でした。今夜は根性で歯磨きをしました。薬をシートから取り出せません。小さい粒をつまめません。階段を上って、部屋にたどり着き、横になるまでを見届けてから私も休みます。