語録

2008年02月10日20:04痛み方
PermalinkComments(0)
今だに、新たな場所が新たな痛み方をすることがあります。
ひまわり「なんでだろうねぇ、困るねぇ。」
ウサギ「まぁ異常ですから、何でもアリですワ!」
線維筋痛症の特徴です。

10ce2dac.jpg

f1d5f416.jpg

バウムクーヘン

しっとりとして、美味しかったですドキドキ大


2007年08月03日23:05線維筋痛症・ネタがない
PermalinkComments(2)
ひまわり今日はネタがないねぇ・・・
ウサギネタ? ・・・寝たあかんべー


雨雲 台風の影響で風が強かった

2007年05月19日22:12線維筋痛症・変える
PermalinkComments(2)
 昼間、あれこれ、お出かけプランにデザートコースをセットして、ウサギを誘いましたが、痛みと疲労感でなかなか動けませんでした。昼寝をしました。
 夜になって、やっとこさ、動けるようになりました。
ウサギ「どこかに行きた?い」

 そして、家族で海大波の近くにイタリアン料理を食べに出かけました。ラストオーダーぎりぎり汗 初めてのお店でしたが、本場イタリアの味で、特にトマトソースがおいしかったです。
 今頃にしては寒かったので、海辺の散歩はあきらめて帰りました。

 家に帰ると、フラフラしていましたが、パソコンに向かっているうちに復活。
 ウサギはフラフラ、ヨロヨロ、腰激痛に負けない強い意志の持ち主です。

ウサギ 「行動を変える。お洒落して、イメチェンして、今までと異なる空気の場所に行く!そうすれば、治ると思うよ。何か、変えないといけない。」
宇宙人と旅行計画の話をしていました。
今日も前向きなウサギなのでした。

 安静にしていても、良くなりません。無理をすれば寝込みます。でも、何かを変えないと、これから先が変わりません。それは私ひまわりも同感です。
 薬に対する感受性が強く、副作用も出やすいので、薬には慎重にならざるを得ません。ひところに比べて激痛発作が減り、痛みの症状としては、多少軽減しているので、薬は現状維持でいいと思います。

 自らの行動と工夫で気分を変え、できること、行けるところ、動ける時間をだんだん増やしていくことかな、と思います。それに必要な前向きな気持ちは、しっかりと持っているからできると思います。

月三日月でした流れ星

2007年05月10日23:38線維筋痛症・考え方
PermalinkComments(1)
ウサギ 「FMSの症状を、気候や天気太陽雲雨雪大波と結びつけて考えない方がいいよ。かえって影響を受けそうだから。」

ひまわり その通りだと思いました電球今日のように強風で強い雨?晴れまで、お天気の変動が激しい日には、ついつい、今日の不調は気圧の変化のせいじゃなぁい?と言いたくなるところですが、思い込みは危険です。天気予報をみただけで、影響されちゃいますよね。
そういえば、はっきりと、「天候に左右されていない」と思える場合もありました流れ星

2007年04月25日00:41線維筋痛症・共存
PermalinkComments(0)
ウサギ 「線維筋痛症は、治らないかもしれないでしょう? だったら、このままこんな暮らししているわけにもいかないから、どうやって病気と共存していくか、考えなくちゃいけないわ。」

先ほど、寝る前に、娘ウサギはこんなふうに言いました。