旅行

2006年10月10日23:53線維筋痛症・帰国
PermalinkComments(0)
 午前、飛行機KLMオランダ航空でチェコから無事帰国しました。
 ウサギ娘はかなり疲れた様子ではありましたが、歩くことはできて
家に向かう車の中で母ひまわりに色々と話をしてくれました。
 最後の晩にベッドから転落して足を打ったところが痛いようです。
病気の痛みは出ていなさそうです。
 プラハは石畳で歩きにくく、健康な人でも相当疲れるらしいので
寝たり起きたりの闘病生活から出かけた娘は、旅の疲れと時差の
影響は仕方ありません。ゆっくりと体を休めて復活してほしいです。

 10月のプラハは最低気温が5℃以下になることもあり、寒さが
少し気になっていましたが、思ったより暖かく、楽だったそうです。
 現地では夜は良く眠れて朝もゆっくりとして、無理のない行程で
動いたとのことで、それで最後まで体力が持ったかもしれません。
 ツアーではないので、そのあたりは自由にできてよかったです。
 一番の目的の音楽も、チェコフィルのコンサートも聴けて、もう
一つの楽しみのお城、塔めぐりもできて、ボヘミアングラスの
アクセサリーのおみやげも買うことができて食べ物も美味しく
満足できたようです。
 旅行記はいずれリンク先の姉の旅行記のページにアップされる
でしょう。
 良い経験と思い出ができてよかったね。
太陽

 


2006年10月06日08:49線維筋痛症・オランダから
PermalinkComments(0)
 飛行機に乗ったら携帯も使えないし、もう連絡は取れないからひまわり
旅行中の皆のことは考えないでブログも休んで自分の時間
を過ごそうと思っていたら、深夜に長女宇宙人からメールが来ました。
 英語とローマ字のちゃんぽんで素晴らしい語学力です困った
 乗り換えのアムステルダムからです。訳すると、
 妹ウサギは、飛行機に乗ったとたん、
 「お腹空いた、機内食はまだ?」
英語はしゃべるしoyajigyaguは飛ばすし元気にしているという内容
でした。出発直前まで横になるような、体調不良だったのに!
 長時間のフライトが心配で救急車緊急時に備えて病気の説明の
英文と日本文両方用意して姉宇宙人に持たせたのに!
 でもすべては計画通りです。絶対に行ける、行けたら元気になる
という確信があったから実行しました。ハラハラ、ドキドキ、ジタバタ
しながら・・・

 今頃プラハのホテルで休んでいる頃です。
 留守番母ひまわりは一安心です。
雲


2006年10月05日21:33線維筋痛症・チェコへ家族旅行
PermalinkComments(0)
激しい頭痛が続いています。
 昨夜は痛みにもがいて明け方まで眠れませんでした。
ひまわりは2時頃までは頭のてっぺんを冷やすのに、
のた打ち回るので保冷剤を持ってそばにいました。
ウサギ「痛い、痛い、もうチェコに行けない悲しい
ひまわり「朝になったら元気になって行けるからね」
 台風2個の影響かな?でも日本からはまだ遠いのに。

 出発のために5時半起床。起きられ、歩けました。
幸い、痛いのは頭だけです。
もう出かけるしかありません。頭激痛でふらふらするので
今回は留守番の母ひまわりが荷物を持って空港までの2時間あまりの
道中を付き添いました。
 空港ロビーで横になったりしていましたが、サンドイッチ
を食べると、少し気が紛れたのか、飛行機の写真を撮ったり
していました。
 搭乗口で手を振って見送ると、さすがに複雑な思いがこみ上げ
ました。「行く」ことしか考えないで準備してきましたが。

 闘病・体調の波・療養のために旅行を計画・準備・パスポート
を取りにいくのもやっとだったこと・なかなか買い物にも出られ
なかったこと・同行予定の姉までが倒れたハプニング付き。
 主治医二人の承諾があるから大丈夫。
 でも、何があっても旅行はプラスになると信じています。

 大好きなクラシック音楽に浸って、チェコフィルの演奏会に
行って、おとぎの国のようなお城と塔の町並みに痛みを忘れて
6日間、楽しんできてほしいと思います。

 乗り換えのアムステルダムに近づいている頃です。
雨