ハーブ

2006年11月09日18:56線維筋痛症・ハーブ?
PermalinkComments(0)
e73cf175.jpg
 カモミール
 (カモマイル、カミツレ)
 原産 ヨーロッパ

 

 マーガレットに似た可愛らしい花
 カモミールの語源は、ギリシャ語の“大地のリンゴ”
 リンゴのような甘酸っぱい芳香が特徴
 民間薬として古くから親しまれてきました。

  アピゲニン(フラボノイド色素)
  カマズレン、ビサボロール(抗炎症、抗菌成分)
  
 抗酸化作用がん細胞を抑制する効果
 食べすぎ・腹痛・風邪・不眠症・気持ちをリラックス
 生理不順や貧血、更年期障害・便秘
 火傷、湿疹、皮膚炎、口内炎、歯痛


 「ピーターラビットのおはなしウサギ」の中で、
ピーターがいたずらの末に食べすぎてお腹をこわし
ちゃったときに、ピーターがお母さんに飲まされた
のがカモミールのハーブティーなのだそうです。

 酸味があるので、ハーブティーとして飲む時は
好みでミルクやはちみつを加えると飲みやすいようです。 

2006年11月03日00:06線維筋痛症・ハーブ?
PermalinkComments(2)
03ffa463.jpg
 セントジョーンズワート
  (セイヨウオトギリソウ)
 原産国 ポーランド
 天然成分のヒペリシンとヒペルフォリン

 開花時期が聖ヨハネの誕生日ごろで、花びら
をこすると紅い液体が出てくることからか、
ヨーロッパでは中世から洗礼者ヨハネの血から
この草が芽生えたと言い伝えられている。

 古来より使われてきたハーブ

 効能:

 抗うつ効果  不眠解消 
筋肉を和らげる作用があるので生理痛を緩和
また去痰(きょたん)効果もある。ヨーロッパでは胃潰瘍
などの消化器系疾患の治療薬としても使われている。

 さらに、消毒作用や鎮痛作用があるため、切り傷や火傷
のほか、リウマチや坐骨神経痛にも効果が認められている。

 最近の研究では、セントジョーンズワートに含まれる
ヒペリシンとプソイドヒペリシンには、HIVウイルスをはじめ
とするレトロウイルスの増殖を妨げる作用も発見されている。

 また、セントジョーンズワートが食欲を抑えることも知られて
おり、肥満解消の効果も期待されている。

 長期間飲んでも習慣性や依存性がない。

 一部の薬で効能が減少する場合があるので注意